2010年04月29日

「道義的な責任感じる」脱線事故の車掌が献花(読売新聞)

 JR福知山線脱線事故で、事故を起こした快速電車に乗務していたJR西日本の松下正俊車掌(47)が24日、兵庫県尼崎市の現場を訪れ、献花した。

 事故後、体調不良で入院し、適応障害などの診断を受けた。現在も通院を続け、休職中という。

 黒スーツ姿の松下車掌は献花台の前で約10秒間、合掌。その後、取材に対し、「無事にお客様を目的地に運ぶことができず、道義的な責任を感じている」と語った。事故直後の行動について、「車両が1両(マンションの駐車場に突っ込んでいて)足らず、思考が停止してしまった。中途半端で投げ出し、申し訳なかった」と、救助活動を十分行わなかったことを謝罪した。

 3月25日には、妻を亡くした男性(53)宅を訪れた。遺族との面会は初めてという。家族写真を見て、普通の日常が壊れたのだということをかみしめたという。25日も、現場を訪れる。

「精神科医療のビジョンを国に提示」―日精協・山崎会長(医療介護CBニュース)
鳩山氏は「不起訴相当」偽装献金事件で検審が議決(産経新聞)
<事業仕分け>第2弾後半 60法人を候補に選定(毎日新聞)
日本初「子どもの村」スタート=里親と養護スタッフが1カ所に−福岡(時事通信)
<普天間移設>最終提案、首相「まだその段階に至ってない」(毎日新聞)
posted by オダギリ ヒデオ at 15:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。