2010年04月05日

ヤギ 左右の角2本折られる 千葉の動物飼育場(毎日新聞)

 3日午前8時ごろ、千葉市若葉区の動物飼育場で、シバヤギ「アトム」(雄、8歳)が左右の角2本を折られ血だらけでうずくまっているのを、飼育するNPO法人「都川の環境を考える会」の武部功理事長(65)が見つけ、110番した。県警千葉東署は器物損壊容疑で調べる方針。

 武部理事長によると、2日午後6時ごろ飼育小屋に入れて帰宅、翌朝エサやりに来ると、ヤギが小屋の中でうずくまり、2メートル四方の血だまりができていたという。広場は高さ1メートルの柵で囲われているが、小屋や柵に鍵は設けていなかった。角2本は見つかっていない。

 治療に当たる市動物公園飼育課によると、ヤギの角は成人男性が1人で折ろうとしても簡単には折れないという。ヤギは昨年7月、同公園から譲り受けた2頭のうちの1頭で、近所の人気者。武部理事長は「動物公園でアトムと面会したが震えており、人間におびえているようだ」と憤っていた。【斎藤有香】

【関連ニュース】
<かわいいヤギの写真がいっぱい>「うしか」と思えば「やぎよ」? 千葉の牧場で白黒ヤギが人気
<写真特集>毎日動物園 ヤギの赤ちゃんの写真も
<ヤギと人と>食の風景:ヤギ乳、うメェ〜
<動物受難>奈良公園:雌ジカの左腹にボーガンの矢 重傷http://mainichi.jp/s
<動物受難>事故死した動物はどこへ? 市町村が焼却処理

<年金>訂正の申立書114件を不正処理 旧厚木事務所(毎日新聞)
若林元農相 議員辞職願を参院議長に提出(毎日新聞)
検事が事件被害女性と“不適切”交際 東京地検立川支部(産経新聞)
エフエム東京、40分間も無音放送(読売新聞)
自民党 執行部、現体制で参院選…谷垣総裁(毎日新聞)
posted by オダギリ ヒデオ at 19:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月02日

<親権>子供の視点での見直し議論確認 厚労省専門委初会合(毎日新聞)

 児童虐待に対応するための親権制度見直しを巡り、厚生労働省は31日、社会保障審議会児童部会専門委員会(委員長、才村純・関西学院大教授)の初会合を開いた。民法改正に連動した児童福祉法などの改正に向け、子供の権利を重んじる視点で、施設入所児の親の親権制限などを協議することが確認された。

 初会合では、委員から「子供はなぜ施設に保護されているのか納得できていない面もある」「子供の権利を尊重し、子供の視点で論じていくべきだ」などの意見が出された。

 厚労省は法務省と連携し、11年度内の法改正を目指している。

【関連ニュース】
自殺:最も多い日は3月1日 内閣府と厚労省分析
臓器提供児童:虐待の有無確認 厚労省方針
児童虐待:厚労省と文科省が指針策定
厚労省:グループホーム防火体制の徹底、全自治体に通知
軽費老人ホーム:設置基準緩和の「都市型」容認へ…厚労省

B型肝炎訴訟、福岡地裁が和解勧告(読売新聞)
自民若手有志が執行刷新を申し入れ(産経新聞)
数日前、「長官車ですか」=現場周辺で複数不審男−銃撃事前調査の疑い・警視庁(時事通信)
<成田空港>年間発着枠22万回に拡大(毎日新聞)
<幼児虐待死>夫婦の主張に差、夫の判決確定…戸惑う裁判員(毎日新聞)
posted by オダギリ ヒデオ at 14:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月30日

足利事件再審 無罪に涙ぐむ支援団体の西巻さん(産経新聞)

 「無罪の言い渡しはうれしい。苦しみもつらさも一区切りです」。菅家利和さん(63)とともに無実を訴えてきた支援団体「菅家さんを支える会・栃木」代表、西巻糸子さん(60)は涙ぐんだ。この日も菅家さんを車の助手席に乗せ、裁判所まで来た。

 〈無実を訴える手紙を書いても母親からは返事は一通もない。見捨てられたという失意の底で、西巻さんからの手紙が届いた〉

 菅家さんは自著でこうつづる。淵(ふち)にいた菅家さんにとって、一筋の光であり、心の支えだった。

 支援のきっかけは、菅家さんが泣きながら犯行を否認したことを報じた新聞記事。文通や面会を重ねたが「本当のことを知りたいが、深入りは怖い」と葛藤(かっとう)もあった。

 しかし、西巻さんは菅家さんの純粋な人格に打たれ、菅家さんは西巻さんの行動力を頼りに信頼関係を深めた。年下の西巻さんを、菅家さんは「姉さん」と慕う。

 平成6年に「支える会」を結成。ボランティアで会報やチラシを配り、現地調査を重ね、カンパを集めた。菅家さんを犯人視する人が多い中、孤独な闘いだった。

 釈放後も、足利市に帰郷した菅家さんを支え、行動を共にする。「再審でも、菅家さんを直接取り調べた人たちが謝っておらず、すっきりしていない。今後も支援は続ける」

 「おめでとう、お疲れさま」。待ちに待った判決。西巻さんは、被告の支援者としてではなく、一市民として、晴れて菅家さんを迎えた。

【関連記事 足利事件再審】
菅家さんに無罪判決
傍聴券配布に1513人が列
裁判長が菅家さんに謝罪
元県警幹部「人生無為、申し訳ない」 
裁判所の証拠検討より慎重に
あれから、15年 地下鉄サリン事件

<トキ>2組が巣を作る 08年の放鳥以来初 繁殖に期待(毎日新聞)
住民名簿作り奨励 市議会が条例可決 箕面(産経新聞)
<JR東トラブル>情報通信用ケーブル切断が原因(毎日新聞)
EPA初、外国人看護師候補者3人が国試合格(医療介護CBニュース)
自治会、PTA…緊急時に備え 名簿づくり“お墨付き” 箕面市条例あす成立へ(産経新聞)
posted by オダギリ ヒデオ at 01:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。